アトピー 赤ちゃん お風呂

アトピーがある赤ちゃんとのお風呂は38℃〜39℃が理想的?

アトピーを持っている赤ちゃんは、お肌を清潔に保つことがとても大切です。お肌の清潔といえば、やはりお風呂ですよね。

 

汗をたくさんかく夏などは、汗をかくたびにシャワーなどで汗を流すと良いと思います。お風呂に入るときには、お湯の温度はぬるめに設定します。

 

40℃以上のお湯ではお肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、
38℃〜39℃くらいが良いでしょう。

 

アトピー赤ちゃんとのお風呂の入り方

お風呂では髪の毛から順に洗っていきます。上から下に洗っていくイメージですね。
シャンプーなどがからだに残ると、それが原因で炎症が起こる場合があるからです。

 

特に赤ちゃんは、首やわき、肘の内側、太ももの付け根、
ひざの裏などの皮膚が重なる部分に汚れが残りやすいです。

 

そのようなところは汚れが残らないよう、意識して洗ってあげましょう。

 

からだを洗うときには、ナイロンタオルなどは絶対に使ってはいけません。
ボディソープをしっかりと泡立てて、泡でなでるように洗いましょう。

 

わたしたちが洗顔するときと同じようなイメージですね。

 

このことからも、赤ちゃん用のボディソープは『全身に使える泡で出てくるもの』が良いと思います。
実際に赤ちゃん用のボディソープは、泡で出てくる全身使えるものが多いです。

 

片手で赤ちゃんを支えながらでも、泡で出てくるポンプ式のものなら使いやすいですね。
低刺激のもの、無添加のものなどを選ぶようにしましょう。

 

万が一赤ちゃんに合わないようなときには、すぐに別の石鹸に取り替えてくださいね。

 

またお風呂から出た後は、泡タイプの保湿剤で肌に保湿を与えてあげましょう。

 

日本有数の聖路加病院、院内薬局など首都圏中心とした調剤薬局で取扱いされている
おすすめの保湿剤を下記で紹介していますから参考にしてみてください。

 

皮膚科医師も薦める赤ちゃん専用保湿剤「ファムズベビー」とは?