アトピー 赤ちゃん 治療

赤ちゃんのアトピーは、治すことができるのか?

赤ちゃんがアトピーで悩んでいるというお母さんたちは結構多いですよね。皮膚科へ行ってもステロイドの塗り薬を出されるだけなど、アトピーの治療には時間がかかります。

 

と言うのも、ステロイドの塗り薬を使えば『一時的に』お肌の炎症を抑えることは出来ます。

 

しかし、ステロイドの塗り薬を使い続けるとお肌はどんどん薄く、弱くなっていってしまうのです。

 

つまり、一時的に症状は治まりますが、新たな炎症を生む可能性が高くなってしまいます。これでは単なるいたちごっこであり、『アトピーの治療』とは言いがたいです。

 

赤ちゃんのアトピーを正しく治療するためには?

アトピーを治療するには、『刺激を減らす』こと
『からだの中から治す』ことが重要なのです。

 

洋服などの刺激は極力減らし、なおかつ体内の有害物質を取り除いて行きましょう。

 

食物アレルギーなどはきちんと把握しておく必要がありますが、
胃腸を強くして免疫力を高めていくと良いと思います。

 

便秘を改善して、腸内環境を整えておくことも大切です。

 

腸内環境が整っていれば、たとえ有害物質が体内に入っても
スムーズに排出することが出来るからです。

 

まだ限られたものしか食べられない赤ちゃんの場合は、
ママが食物繊維の多い食品などを積極的に摂取しましょう。

 

便秘に効果的な成分が、母乳を通して赤ちゃんには伝わりますよ。

 

また、刺激を与えないようにする、という対象はアトピーの赤ちゃんだけではありません。
よくだっこをするママやパパの洋服なども、赤ちゃんに刺激を与えないようなものを選びましょう。

 

赤ちゃんは成長とともに肌も強くなっていくので、
大きくなるにつれて症状が改善されていくことも多いのです。

 

まずは、適切な保湿剤を使うことから始めてみましょう。

 

日本有数の聖路加病院、院内薬局など首都圏中心とした調剤薬局で取扱いされている
おすすめの保湿剤を下記で紹介していますから参考にしてみてください。

 

皮膚科医師も薦める赤ちゃん専用保湿剤「ファムズベビー」とは?