赤ちゃん 乳児 アトピー 湿疹 

アトピーの赤ちゃんにはどんなスキンケアが必要?

アトピーのスキンケアの基本は、『清潔』と『保湿』です。
これは赤ちゃんのアトピーにおいても例外ではありません。

 

新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を国立成育医療研究センター発表しました。

 

赤ちゃんは自分で身の回りのことが出来ないため、回りの大人が気にしてあげなければいけませんね。

 

赤ちゃんの正しいスキンケア方法とは

赤ちゃんはよだれが多いですし、ミルクを垂らしたりごはんを食べこぼしたりしますし、すぐに吐いてしまったり…と何かと『清潔』を保つのは難しいですね。

 

そのうえ、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので汗をかく量も
大人とは比べ物にならないほど多いです。

 

ですから、からだの清潔を保つということには、
汗をまめに拭くということも含まれるのです。

 

しかし、『清潔にする』ということに捕らわれすぎてはいけません。

 

1日に何度も石鹸をつけて洗ったり、タオルでこすったりするのは、
アトピーを良くするどころか悪化させてしまいます。

 

アトピーには刺激は厳禁なのです。
『刺激を与えずに清潔にする』ことが大切だということです。

 

更に、赤ちゃんは何でも舐めてしまいます。薬やクリームなども例外ではありませんね。
直接的には舐められない頬などであっても、頬を掻いた指を舐めてしまうこともあります。

 

ですから、口に入っても安全な『無添加の保湿剤』を使う必要があるのです。

 

保湿剤には副作用がないので、1日に何回使っても大丈夫ですが、
目安として朝とお風呂上がりには使うようにしましょう。

 

日本有数の聖路加病院、院内薬局など首都圏中心とした調剤薬局で取扱いされている
おすすめの保湿剤を下記で紹介していますから参考にしてみてください。

 

皮膚科医師も薦める赤ちゃん専用保湿剤「ファムズベビー」とは?